2014年09月17日

ACEA規格について

Unilopalはフランス製のエンジンオイルなので、
ほとんどのモデルでヨーロッパの規格

ACEA(アセア)

を取得しています。

ACEAとは、ベルギーのブリュッセルに本部を置く『欧州自動車工業会』のことです。
ACEAのメンバーには、欧州の主要カーメーカーTOYOTAも含まれます。

ACEAのメンバーはこちら。

ガソリンエンジン用として、 規格。
乗用ディーゼル用として、 規格。
ガソリンエンジンおよびDPF付きディーゼルエンジン(いわゆるクリーンディーゼル)用として、 規格
大型ディーゼル用として、規格があります。

現在は、A規格とB規格は統合され、『A1/B1』のように表記されます。


では、Unilopal OPALJETシリーズのラインナップを見てみましょう。

----------------------------------------------
24S          A3/B4
FUTURA       C3
MILLENIUM3    C2(A5/B5)
POWERBOOST   -
LONGLIFE3     C3
SUPREME      C1
X-TRA        C4
ENERGY3      C3
DREAM        C3(C2,A5/B5)
COMPETITION  C3
----------------------------------------------

24Sが取得しているACEA A3/B4 は、一言でいうと、

高性能ガソリンおよび直噴式ディーゼルエンジン用のロングドレイン(長持ちする)オイル

という規格です。

ガソリン車においては、長期間快適な性能を維持することが可能です。


24SとPOWERBOOST以外のモデルは、C規格を得ています。
こちらは、クリーンディーゼルにも使うことのできる、環境型高性能オイルと言うことができます。


クリーンディーゼル車にも使えるということは、

DPFを目詰まりさせる物質が少ない。

清浄分散性に優れる。
 (ディーゼルエンジンでは、ピストン周りにすすが貯まりやすいため)

高温安定性が高い。
 (ディーゼルエンジンでは、よりエンジン内部の燃焼温度がより高い多いため)

と言った特徴を持つため、ガソリン車においても、より性能の高いオイルであると言うことができます。


ACEA C規格については、下の表をごらんください。


acea.jpg

HTHS粘度
高温高せん断粘度のこと。この値が高いほど摺動面の摩耗量は少なく、高負荷にも対応できます。ただし、粘性抵抗が増え燃費が悪化します。

図では、縦軸が上に行くほどHTHS粘度が高くなるため、C3,C4規格の方がエンジン保護性能が高く、C1,C2の規格の方が省燃費オイルと言えます。

硫酸灰分
オイル内の金属成分の量。DPFなどの排ガス後処理装置に悪影響を与えます。

図では、横軸が左に行くほど硫酸灰分が少なくなるため、DPFの目詰まりを起こしにくいと言えます。


特にルノーのクリーンディーゼル車は、ACEA C4規格を要求しておりますので(RENAULT RN0720)、ご注意ください。

現在、日本に入ってきているオイルでC4規格を満たしているオイルは、
ユニルオパールと他1社のオイル2種しかありません!!
(2014年8月現在、当社調べ)

ACEAの規格から、お車に最適なオイルをチョイスしてください。

posted by ユニルオパール at 16:37| Comment(0) | 商品情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月14日

unil opal 本日発売です。

本日は7月14日です。

225年前のこの日、パリの民衆のバスティーユ牢獄の襲撃を契機として、フランス革命がはじまりました。

このフランス革命のはじまりの日、
フランス『Unil opal(ユニルオパール)』社の自動車用エンジンオイルの日本での販売を開始いたします。

package.jpg

ユニルオパールのオイルは、幅広い欧州車メーカーのメーカーアプルーバル(メーカー承認)を獲得しています。
 
フランスメーカーのプジョー、シトロエン、ルノーはもちろん、
フォルクスワーゲン、BMW、メルセデスベンツ、ポルシェ、フォード、GM
多くの欧州車に最適なエンジンオイルです。


ユニルオパールのオイルは、ロングライフ性能に優れています。

エンジンオイルに関する最新の欧州規格は、ロングライフ性能を求めています。
欧州では、最大30,000km(ディーゼル車では50,000km)もの間、その高い熱安定性で熱ダレを防ぎ、その清浄分散性でエンジン内のスラッジやデポジットの発生を抑制します。


ユニルオパールのオイルは、クリーンディーゼル車にも最適です。

触媒を劣化させるリンや、DPFの目詰まりを引き起こす硫黄を低減。
クリーンディーゼルエンジンの性能をフルに引き出すことが可能です。
また、クリーンディーゼルエンジンで認められて熱安定性と清浄分散性は、ガソリンエンジンにおいても絶大な効果を発揮します。

大きく上記の3つの特徴を持つユニルオパールのエンジンオイル。
もちろん、摩擦・摩耗を軽減する優れた潤滑能力を備えています。

優れた熱安定性と潤滑性能を、その高い酸化安定性と清浄分散性により長期間維持します。

さらに、欧州の環境基準LOWSAPSをほとんどのモデルでクリア。
環境にもやさしいエンジンオイルです。

輸入販売するエンジンオイルは、最上位モデル『OPAL JET』シリーズより10種類。

すべて100%化学合成油となっております。

レースで定評のあるPAOエステルをベースオイルに使用しているモデルもあります。


ぜひ、あなたの愛車に合った『ユニルオパール』のオイルをチョイスしてください。


posted by ユニルオパール at 16:05| Comment(0) | 商品情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。